介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

今回インタビューをしたのは、40代の女性。

以前は食料品店に勤めていたそうですが、先行きに不安を感じ介護業界への転職を決意したそうです。

 

食料品店での仕事を経て介護職を目指した40代女性

食料品店

 

私は結婚後、2人の子どもに恵まれ、40代まで長く食料品店に勤めていました。

 

前職の給料はそこそこ良かったのですが、激しい会社間の競合の波に押しつぶされそうな状態になり、将来に不安を感じたことから転職を決意しました。

 

40代を過ぎて何故介護職だったのか?

介護職を選んだ理由としては、資格取得を応援する制度がいくつもあり、介護の世界に飛び込みやすかったことがきっかけです。

 

それに入れ替わりの激しい業界ですが、その分入社もしやすいので、仕事探しにもあまり不安を感じなかった点、経験を積むことができる点、40歳を過ぎても働けるだろうと思った点もあります。

 

現在夫が働いていますが、子どもたちも進学を控えており共働きでないと生活が苦しいといったことも一つの理由です。

 

職業訓練校(ハローワーク)で資格を取得

前職を退職した後、介護の資格取得に向けて動き出しました。

 

在職中にも色々調べていたおかげもあり、職業訓練校(ハローワーク)で介護職員初任者研修の資格が取得できることを知っていたので、即応募。

 

かなり競争が激しいと聞いていましたが、運よく受かることができ、受講費用は免除で資格取得をすることができました。(テキスト代などは当然自費ですが…)

 

また講座の中には実習も含まれていますので、そこで初めて「介護の仕事」というものを経験しました。

 

思っていたよりハードでしたが、「やれないことはないな」というのと、何より患者さんの笑顔に癒されていた気がします。

 

現在は老人保健施設で勤務

資格取得後はすぐに老人保健施設へ正社員として就職が決まり、現在も充実した日々を送っています。

 

現場は予想していたよりも厳しい面もありますが、40代の私でも若いスタッフと一緒になんとか楽しく介護の仕事をしています。

 

介護職を目指す動機として、「自分の今後の生活のため」という理由も多くを占めると思います。

 

私も似たような動機でしたが、職業訓練の中で実習があり、そこで施設の利用者と関わり、自分がこの仕事に向いていると思えたからこそ、より思い切って介護の世界に飛び込めたんだと思います。

 

この選択は今も全く後悔していないので、今後も介護職員として頑張っていきたいと思います。

 

まとめ

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

いかがでしたでしょうか?

もちろん経済的な理由で介護職を目指す方も多くいらっしゃると思いますが、現場の現実に職を離れていく方も多いのが現状です。

その中でもやりがいを見つけ、毎日楽しく仕事に向き合える、そんな環境を作ることが大切だと思います。

下のランキングページでも、介護の仕事探しをサポートしてくれる転職会社を載せています。

全て無料で使えるサービスですので、介護職を目指している方や転職を考えている方は、一度利用してみることをおすすめします。