介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

今回インタビューをしたのは、30代の介護福祉士の資格をお持ちの女性。

もともとは病院の事務員だったそうですが、介護職に興味を持ち、この世界に飛び込んだそうです。

 

病院の事務員から介護職を目指した30代女性

医療事務員

 

私は2年間の医療事務の専門学校を卒業し、医療事務員として病院の医療事務で働くことになりました

 

そこではナースステーションでの事務をしていたのですが、患者さんと接する機会も多く、それが楽しいと思えるようになり、いつの間にか介護の仕事に興味を持つようになりました。

 

介護未経験・無資格からの挑戦

元々おばあちゃんっ子だったのもあるのかもしれません。

 

より多くの時間接することの出来る介護の仕事をしたいと思うようになり、まずはヘルパーとして別の病院に就職しました。

 

人手不足だったらしく、幸い介護未経験の無資格者でもすぐに雇ってもらうことができました。

 

が、思い描いていた患者さんとの時間はほとんどなく、時間に追われ、淡々と身の回りのお世話をするだけの日々でした。

 

やはり初めは慣れない下のお世話や入浴介助、力任せになってしまっていた移乗介助などの影響で、心身共に疲労困憊になりました。

 

同じく介護をしている友人に

 

「もう辞めたいんだけど…」

 

と打ち明けると

 

「同じ介護の仕事って言っても、病院と施設なんかでは全然違う場合もあるんだよ。せっかく介護の仕事好きなのにもったいないよ」

 

とアドバイスを受け、施設へ転職するために準備を始めました。

 

特別養護老人ホームでの介護の仕事

そこで次は特別養護老人ホームに就職。

 

ここでは今までの介護のお仕事とは全く違う雰囲気でした。

 

レクリエーションやクラブ活動など、利用者さんと楽しく過ごすことのできる毎日。

 

「あぁ、これが私がやりたかった介護の仕事なんだなぁ」

 

と感じました。

 

その後、介護福祉士の資格取得を目指し、無事合格したときは職員だけでなく入所者の方にも喜んでもらえ、本当にうれしかったです。

 

介護の仕事は就職する環境によって全然違う

今回学んだのは、同じ介護の仕事でも就職する場所の雰囲気によって全然違ってくるということです。

 

もちろん病院や施設の特色はあると思いますが、なによりも人間関係や職場環境が一番大事。

 

ここをしっかり見て決めないと、私のように後悔することになるかもしれません。

 

理想の職場を見つけた今は、介護の仕事が楽しいですし、この仕事を目指して良かったなと思います。

 

今後もできるだけ長く介護の仕事に携わっていきたいと思ってます。

 

まとめ

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

いかがでしたでしょうか?

同じ介護職でも、現場によって全然違うということが印象的でした。

もしあなたが同じように介護の仕事で悩んでいる場合は、転職を考えるのも一つの手段かも知れません。

下記のランキングページに無料で利用できる転職会社のサイトを載せてありますので、よければ参考にされてみて下さい。

プロのキャリアコンサルタントへ無料の相談をすることも可能です。