介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

転職活動を進めるにあたって、自分のスキルや経験を振り返るのは大切です。

何故なら新卒者と違って、中途採用では以前の職場で得られたスキルや経験を、転職先でどのように活かせるかが求められるからです。

 

 

スキルや経験ってなに?

スキル

スキルとは「学習や訓練を行って得られた能力のこと」です。

 

例えば、あなたが介護のことについて勉強して学んで身につけた知識・技術・資格などは「スキル」になります。

 

しかし、スキルはこれだけではありません。

 

「Aさんって誰とでも上手に付き合えるよね」

「Bさんは後輩に仕事を教えるのが上手いよね」

 

など、良好な人間関係を築ける、優秀な人材を教育できるといった技能も、スキル(ヒューマンスキル)に入ります。

 

次は経験です。

 

経験は実際に見たり聞いたり、触れたり感じたり、まだしたことがないという状態から、したことがあるという状態へ変わることを「経験」と言います。

 

前職が介護職であれば

 

「入浴介助をしたことがあります」

「ユニットリーダーを任されていました」

 

などが挙げられます。

 

スキルや経験をまとめることで何が分かる?

自分のスキルや経験をまとめていくと、今後自分が希望とする職場に対して、何が不足しているのかが見えてきます。

 

私の場合は1度目の転職が、介護未経験状態での介護現場への就職でしたから、介護全般に対する知識や技術が不足していました。

 

2度目の転職のときは、施設からグループホームへの転職でした。

 

介護の技術や知識はそれなりに積んできましたが、グループホームで求められるものはそれだけではありません。

 

オムツ交換や入浴介助などの直接的な介助の他に、家事など日常生活を通じて高齢者の方の状態を把握し、できることを増やしていく、というスキルが求められます。

 

その点では、私はまだスキル不足だったため、今後補っていく必要がありました。

 

このように自分のスキルや経験をまとめることで

 

自分には何が足りないか?

逆にどんな部分を希望とする職場で活かせるか?

 

が、明確になってきます。

 

スキルや経験をまとめる方法

ここでは、実際にまとめていくために必要な項目を記載していきます。

 

この項目に沿って、あなたのスキルや経験を見つめ直してみて下さい。

 

・今までに身につけたスキルはどの様なものがありますか?

・身につけたスキルと、希望する職場で活かせるスキルで共通するものは?

・希望する職場へ就職するために不足しているスキルは?

・不足しているスキルに対して、どのような対処が必要か?

・今までの経験を希望する職場へどう活かせるか?

 

まとめ

・スキルは学習や訓練を行って得られた能力のこと(知識・技術・資格など)

・経験は「したことがない→したことがある」という状態へ変わること

・まとめることで、転職先で不足するスキル・活かせるスキルが明確になる

 

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

不足しているスキルを「補う努力」をしていることも、立派なアピールポイントになります。

こういった作業をしたうえで、転職活動に臨むとよりスムーズに進めることができます。

転職活動に疑問や不安がある場合や、どうしたらいいのか分からない!といった場合は、下記のランキングページから転職会社を利用するのも1つの方法です。

プロのキャリアコンサルタントが、無料であなたの相談を聞いてアドバイスしてくれます。

よかったら参考にされてみて下さい。