介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

転職を決意し実行することは、人生の中で大きな転機となります。

実際に私も40歳を超えてから3度の転職を経験していますが、そのたびに不安はありました。

1番避けたいのが、転職後に「こんなはずじゃなかった」「前の職場の方がマシだった」「この職場も自分には合わない」等、せっかく希望を持って転職に踏み切ったのに後悔してしまうことです。

私も1度経験があるので言えますが、こうなると本当に辛いです。

でも安心して下さい。

これから転職の失敗を回避し、グッと成功率が高まる方法をお伝えしていきます。

 

転職の目的や理由と本気度を確認する

転職の目的

あなたの転職の目的はなんでしょうか?

 

そもそも、あなたは本当に現在の職場を辞めたいですか?

 

そして今の職場から転職することが妥当ですか?

 

何か嫌なことがあり、「こんな職場辞めてやる!」と一時的な感情的の爆発から、突発的に転職を考えてしまう例も少なくありません。

 

よっぽど理不尽な理由であれば理解できないこともないですが、ハッキリ言って社会って理不尽なことだらけです。

 

このような場合、転職したとしても再度同じような理由で転職を繰り返してしまうケースが多いです。

 

こういった場合は真っ先に転職を考えるよりも、「出来事」に対する「受け止め方」を変えていく努力をした方が、後々の人生においてもプラスに働くことが多くなります。

 

例えば「上司に怒られた」(出来事)

→「職場を辞めたい」(ネガティブな受け止め方)

→「今怒られたことでもっと最悪な展開になることを未然に防げてよかった」(ポジティブ思考)

 

このように、受け止め方一つで自分の感情は変わりますよね。

 

これってなかなか難しいことですが、こういった受け止め方をできることで、状況が好転していくことが多々あります。

 

ですので、現在の状況が「どうしても転職でしか解決しなさそうだ」と、判断できた時に初めて転職活動の準備に入ります。

 

転職の目的を考える

自分の中で転職を考えるに至った理由が把握できたら、次は「転職する目的」を考えていきます。

 

例えば、転職理由が「休みが少なく、家族との時間が取れない」であれば、転職する目的は「家族との時間を十分確保したい」となってきます。

 

そうすると、自然と次に選ぶ転職先の条件が見えてきます。

 

転職先に求める優先順位を明確にする

ここまで転職理由と、理由に対する目的を考えてきました。

 

次に考えることは転職先に求める優先順位です。

 

上記の例で行くと、「家族との時間を確保したい」のであれば、なるべく残業時間が少なく、週末に休みが取れるような職場を探すことがベストです。

 

そうなってくると、デイケアやデイサービスなど、週末の休みが望める勤務先を優先的に探すかもしれません。

 

また、時間や休みを確保したければ、パートやアルバイトで働くという選択手段も考えられます。

 

このように、転職の目的が明確になれば優先順位も明確になり、自分がどういった職場を理想としているのかが分かってきます。

 

あとは求人サイトを利用し、条件に合った求人情報を探すだけですね。

 

結構シンプルですが、大事なポイントです。

 

まとめ

・転職したい理由は転職でしか解決できないものなのか、本気度を確認する

・転職の目的をハッキリさせることで、転職先に求める優先順位が決まってくる

 

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

このように転職するにあたって自分の気持ちを整理することで、雇用形態の選択肢も絞られ、より自分の目的に合った転職先をピックアップすることができるようになります。

 

次ページ>>参考例付き!転職活動成功への近道はスケジュール管理にあった?