介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

「派遣社員は産休・育休がないんじゃないか?」と、誤解されている方もたくさんいらっしゃると思います。

派遣という雇用形態で働く場合であっても、一定の条件を満たせば産休・育休を取得することは可能です。

産休・育休とはどのようなものなのか?見ていくことにしましょう。

妊娠による介護派遣契約の打ち切りは違法?

妊娠

妊娠を理由に契約の打ち切りを急に打診されたり、産休・育休をとることができない旨を伝えられたりして、そのまま退職を強いられてしまうというケースもあると聞きますが、これはあってはならないことです。

 

「男女雇用機会均等法9条3項」によれば、派遣先の事業主が、派遣労働者が妊娠・出産・産前産後休業を取得したことや厚生労働省令で定められている事由を理由として、不利益な取扱いをすることについて禁止をしています。

 

「厚生労働省令で定められている事由」とは、妊娠・出産・産前産後休業を取得したこと以外にも、妊娠または出産に起因する症状(つわり、妊娠悪阻、切迫流産、出産後後の回復不全等、妊娠または出産をしたことに起因して妊産婦に生じる症状)により労務の提供ができないこと、もしくはできなかったこと、または労働能率が低下したことも含まれます。

 

介護派遣契約中の産休(産前産後休業)・育休(育児休業)について

産前産後休業は、産休業と産休業に分けて考えます。

 

産前休業は、出産予定の6週間前(出産予定日を含め、さかのぼって42日前)から、双子以上の妊娠の場合は14週間前から取得することができます。

 

産後休業は、産後8週間まで取得でき、産後6週間を経過した場合、医師に支障がないと判断されれば仕事に就くこともできます。

 

また育児休業とは、子が満1歳(保育所に入所できないなどの場合は満1歳6か月)の誕生日を迎える前日まで認められている休業制度です。

 

いずれの制度にしても一定の要件がありますが、雇用形態が直接雇用か、あるいは派遣かといったことで違いがあるわけではありません。

 

産休・育休を取得する具体的な方法について

先ほども言ったように、派遣社員であっても産休・育休を取得することは可能です。

 

その方法や条件については、厚生労働省のパンフレットや下記引用元にもに詳しく書いてありましたので、是非参考にしてみて下さい。

子育てをしながら働き続けたいパート・アルバイト・派遣社員・契約社員のための育児休業ハンドブック(厚生労働省HP)

 

<産休を取得する方法>
出産予定日からさかのぼり、6週間前から派遣元の会社に請求すると取得できます。派遣先ではなく、登録している派遣会社に請求します。尚、双子以上の場合は14週間前からの請求になります。

請求の手続きは会社規則によります。また、出産の翌日から8週間は就業できないのが原則ですが、産後6週間経過後に、医師が認めた場合に限り就業の請求ができます。

注意しなければいけないのは、派遣社員には「契約期間」がありますので、産休中に契約期間が切れれば契約終了となってしまいます。「契約」と「雇用」は違うので、労働基準法の「産前産後休業中+その後30日間の解雇は禁止」は適用されません。

<育休を取得する方法>
こちらも派遣先ではなく、派遣元の会社に相談・申請をします。

育休の申請期限は育休開始予定日の1ヶ月前までと法律で定められているので、産前産後休暇に続けて育児休暇を取得したい場合は、就業中または遅くとも産前休業中に行わねばなりません。

休暇申請は、その予定日や期間を明記した書面で行う必要があります。

また、派遣元の労使協定で育児休暇に関する以下のような取り決めがある場合、育児休暇を取得できない可能性があります。派遣元に確認しましょう。

  1. 派遣元に雇用された期間が1年未満
  2. 1年以内に派遣元との雇用関係が終了する
  3. 週の所定労働日数が2日以下

 

なによりも自分の体調を優先する

産休(産前産後休業)、育休(育児休業)はもちろん労働者の権利であって、脅かされてはならないものです。

 

近年は女性の育児休業取得率が8割を超え、次世代を育てる働き方に一定の理解が示されてはいるものの、マタニティハラスメントという言葉に代表されるように出産・子育てに十分な環境があるわけではありません。

 

特に介護職は体力面でもきつく、かつ精神面でもストレスフルな仕事でもありますので、妊娠した際にはさまざまな制度の利用を検討すると同時に、新しく誕生するわが子と自身の体調を最優先に十分気を配りましょう。

 

まとめ

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

派遣社員であっても産休・育休制度を利用する権利はちゃんとあります。

妊娠はとてもおめでたいことですので、わが子と自分の身体を最優先に、しっかりと産休・育休制度を利用しましょう。

 

派遣への転職に強いおすすめ介護求人サイト

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

介護派遣への求人に強い転職サイトをリストアップしました。

転職にあたってのノウハウやサポートもしっかりと充実しているおススメの転職サイトを、介護現場・転職経験者の私自身が選んでいます。