介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

今回の体験談は、異業種から介護業界に飛び込んだ40代男性転職体験談です。

介護未経験者からどのようにしてこの業界へ飛び込んだのか?

体験談を書いてもらいました。

10年働いていた会社から介護業界へ転職

会社員

私は10年ほど会社勤めをしていましたが、不況のあおりでボーナスカットや減給が続き、「このままでは生活できない!」と、手に職をつけようと介護の世界に飛び込みました。

 

元々介護の仕事経験がある訳でもなく、志望動機も単純に「食いっぱぐれがない」、「手に職をつけておけば職に困ることはない」というお世辞にも志が高いとは言えない動機での転職でしたので、不安はかなりありました。

 

初めての職場はグループホーム

初めはハローワークで無資格未経験から始められる介護のお仕事を紹介してもらいました。

 

そこが初めての介護職場になるのですが、最初は1ユニット定員9人で2ユニットと一般的な規模のグループホームで働かせていただくことになりました。

 

やはり人手不足はどこも同じらしく、管理者や先輩方にあたたかく迎えられ、介護未経験の私でしたが、基礎から介護の仕事を学ぶことができました

 

介護職員初任者研修修了(旧ヘルパー2級)の資格がなくても求人を出している施設や事業所は結構多いので、ヤル気と覚悟さえれば未経験でも十分やっていけます。

 

私の場合動機は不純だったかも知れませんが、「そう何度も転職を失敗できる年齢ではない」、「この業界を逃したら後がない」という焦りもあり、ある種の覚悟がありましたので、そこで必死に仕事を覚えようとしたのが良かったのかもしれません。

 

1か月も経つと、介護の仕事にも慣れそれなりの働きができるようになりました。

 

介護の現場で起こるあるあるネタ

介護現場では「認知症」を患っている患者さんもたくさんいらっしゃいます。

 

「あんた結婚してんの?」

「年はいくつ?」

「どこから来てんの?」

 

などなど…

同じことを聞かれるのはしょっちゅうです笑

 

また急に暴れられたり、いつの間にか外へ出てしまったり(とっても危ないことなのですが…)、他の利用者さんと口喧嘩を始めたり…

 

こんな感じで現場では日々色んな事が起こります。

 

暴言を吐かれたりしてたまには腹が立つこともありますが、次の瞬間にはケロっとした顔で「いつもありがとなぁ」なんて言われると、こっちも拍子抜けして思わず笑顔になってしまいます。

 

会社員時代と比べてやりがいやお給料はどう?

日々の業務の中には、みんなで桜を見に行ったり、レクリエーションをしたりと、日々時間に追われていた忙しかったサラリーマン時代にはなかった、ホッとする時間と充足感を感じることができました。

 

ここは人ぞれぞれだと思いますが、私にとっては介護の仕事は向いていたのかもしれません。

 

お給料に関しては、正直会社員時代よりも若干減りはしましたが、きちんとボーナスもありますし、基本的には倒産やリストラのリスクはずっと低いので、安心して働くことができています。

 

これから介護職を目指す人へアドバイス

介護の仕事は確かに低賃金で、その割にハードだなと感じる部分もあります。

 

それでもサラリーマン時代には感じにくかった「やりがい」を感じる瞬間はたくさんあります。

 

転職の動機が「お金」だったり、なかなか人には言いづらい理由であっても、仕事をやるうちに「この仕事を選んでよかったな」と思えるようになると思います。

 

とにかく一度働いてみないと何も分からないと思うので、この業界に飛び込むことを決めたら、覚悟を持って仕事に取り組んでみて下さい。

 

そのうえで自分の向き不向きが見えてくると思いますので…。

 

私は介護のお仕事、おすすです。

 

まとめ

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

今回の体験談は、異業種から介護業界に飛び込んだ40代男性の体験談でした。

これから介護業界へ転職を考えているあなたには、参考となった部分も多かったのではないでしょうか?

当サイトはこれからも介護転職をサポートできるように、あなたの役に立つ情報を発信していきたいと思います。