介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

このページでは、介護職への転職経験がある方の体験談を載せています。

これから介護職を目指す方や転職を考えている方へ、転職活動のヒントになる話やアドバイスも書いてもらいました。

よければ参考に読んでみて下さい

岐阜県にお住いの30代男性

テレビ製造工場

今回転職体験談を書いていただいたのは、派遣でのテレビ製造工場会社から介護職へ転職された30代の男性です。

 

現職は介護福祉士の資格を取得され、介護スタッフとして勤務されているそうです。

 

あなたが転職を考えた理由はなんですか?

介護職の前は派遣社員として働いており、とあるテレビ製造工場で働いていました。

 

ですが派遣切りのあおりを受け、新しい仕事を探していましたが、なかなか見つかりませんでした。

 

そんな折、介護職に従事している知人から、「お前は介護に向いてるからやってみろ」と言われ、自分なりに介護の仕事を調べた結果、向いていると思い、この業界への転職を希望しました。

 

転職活動で苦労した点や工夫した点を教えてください

介護の求人はたくさんありました。

 

ですが「グループホーム」や「住宅型有料老人ホーム」等といった、色んな施設の求人があり、施設の違いが全くといっていいほど分かりませんでした。

 

そのためどこに就職すればいいのか分からず、まずは施設の違いを勉強しました。

 

そして幾つかの施設を実際に見て回り、生の現状を把握した上で、気に入った施設に面接希望を出しました。

 

面接で質問されたこと、またどういった回答をしたか教えてください

 

面接は幾つかの施設で受けました。

 

どの施設でも聞かれたのは、「この業界で働くのは初めてですが、なぜ、この業界を選んだのですか?」でした。

 

これには、「派遣が終了し新しい職を探していた時、介護に従事している知人から介護の仕事が向いていると言われ、自分なりに介護の仕事について勉強しました。その結果、自分の力でも高齢者の方に役立てれる事を知り、この業界で働きたいと思い、転職活動を始めました」と答えました。

 

他の質問で多かったのは、「この業界は体力的にも精神的にもキツイ時が沢山あります。それでも働けますか?」でした。

 

これには迷わず、「はい、大丈夫です」と答えました。

 

実際に転職してみてどうでしたか?

介護の仕事の辛さはあらかじめ知人に聞いたりネットで調べて知っていたつもりでしたが、実際に働いてみるとその辛さは想像以上でした。

 

特に初めのうちは介護の技術は何も知りません。そのため無理な姿勢でオムツ交換、ベッドや車椅子への移乗を行っていた事もあり、転職して一ヶ月で腰と利き腕を痛めました。

 

ですがこの業界で働きたい思いは強かったので、先輩社員の方の助言や書籍を参考に技術を覚え、日々の業務に役立てていきました。

 

それからは身体を痛める事はありませんでした。

 

これから転職活動をする方へ一言

介護の世界は技術がないと自分の身体を痛めます。

 

実際に就職してから覚えるのもいいですが、この業界に転職する前にある程度の事は覚えておいた方がいいと思います。

 

今はYouTubeでも技術の動画がありますのでそれを参考にし、実際に働く前に覚えていって下さい。

 

まとめ

介護福祉士・坂野介護福祉士・坂野

介護の仕事は覚えるまでは大変ですが、しっかり技術が身に付けば腰や足の負担はグッと減ります。

転職会社によっては独自に介護講座を開催していることころもありますので、よかったら下のランキングページも参考にしてみて下さい。